FOURSEASONSプレスエアーマットレスの腰痛効果と口コミ評判

FOURSEASONSのブレスエアーの口コミ評判

fourseasons1

高機能マットレスを使っても腰痛が改善されないのは、マットレス全体の機能を考え抜く必要があるからです。

FOURSEASONS マットレスは、ブレスエアーを使った高機能マットレスです。

寝心地と疲労回復、腰への負担軽減を実現するための機能を考え抜かれた設計なのです。

そこにはFOURSEASONS独特の2層構造と3つ折り構造からなる6枚のブレスエアー構成が、強力に後押ししています。

FOURSEASONSのブレスエアーってどんなマットレス?

fourseasons2

-FOURSEASONS プレミアム

日本が世界に誇る繊維メーカー、東洋紡の開発したクッション素材がブレスエアーです。

ブレスエアーを使った寝具はさまざまな寝具メーカーから発売されています。

その中でも最も厚みがあるマットレスが、FOURSEASONS プレミアムです。

FOURSEASONS プレミアムのコンセプトは「家庭に高級ホテルの寝心地を」というもの。

それを実現したのが9センチという極厚の厚みです。

FOURSEASONS プレミアムの中芯には2層の異なるブレスエアーが使用されています。

上層には中高密度ハード原反を厚み5センチ、下層には高密度ハード原反を厚み4センチで配置。

上層面は身体のデコボコや各部位の重さの違いを柔らかく上手に分散し、下層面は体重の重さを硬めの構造でしっかりと支えます。

感触は柔らかいけど、柔らか過ぎて腰砕けにならないための工夫です。

FOURSEASONS プレミアムは三つ折り構造になっており、中芯の2層のブレスエアーを上下入れ替えることでフィーリングを調節することもできます。

-FOURSEASONS EX Ⅱ

fourseasons3

厚み7センチとぜいたくにブレスエアーを入れ込んだのが、-FOURSEASONS EX Ⅱです。

上下2層に硬さの違うブレスエアーを配置して、高級マットレスのようなダブルクッションを実現しています。

3つの区画に分かれた三つ折り構造のマットレスが上下2層になっているので、全部で6枚のブレスエアーを使用。

そのうち頭部に当たる1枚がソフトタイプ、ほかの5枚がハードタイプです。

三つ折りタイプなので、狭い日本の住宅環境でも収納しやすくなっています。

-FOURSEASONS LITE 敷パッド

中空構造をしているブレスエアー3枚を4センチの厚みで配置した、3つ折りタイプの敷パッドです。

現在お使いのマットレスや布団の上にさらに敷いて使えるほか、リビングの床やマイカーの後部フラットスペース、アウトドアなどでも使用可能です。

約4キログラムという軽量なので、持ち運びにも便利です。

-ブレスエアーの特徴

お湯を注ぐ前のインスタントラーメンのような構造をした樹脂製品です。

体積の約96%が空気層という中空構造をしていますので、クッション性や通気性にとても優れています。

新幹線や地下鉄の座席にも採用されており、知らないうちにすでに体験しておられるかもしれません。

FOURSEASONSのブレスエアーのマットレスが与える体への影響

fourseasons4

-硬過ぎず、柔らか過ぎないマットレス

腰にいいマットレスとは、硬過ぎず柔らか過ぎないマットレスといえるでしょう。

人間の性格にも似ているかもしれません。

硬過ぎる性格の人は真面目でいいですが、いつも一緒にいると窮屈でたまりません。

逆に柔らか過ぎる性格の人はなんでもオーケーで、付いていけないでしょう。

マットレスも硬過ぎるものは腰の下に隙間ができてしまい、寝ている間体重を預けきれずに緊張が続いて疲れが取れません。

逆に柔らか過ぎるマットレスは沈み込み過ぎるので、姿勢がくの字に折れ曲がった姿勢で寝ることを強いられ、朝起きてみると腰が痛くてたまらないでしょう。

FOURSEASONSのブレスエアーのマットレスは硬さの違う2種類のブレスエアーを2層構造に配置しています。

柔らか目のブレスエアーを上層に置いているのでよくクッションが効き、腰の下に隙間ができることもなく体重を安心して預けられます。

一方、下層には硬めのブレスエアーを配置していますので沈み込み過ぎを抑え、体重全体をしっかりと押し戻してくれて寝返りが打ちやすくなっています。

腰には大変いい環境づくりになると思います。

FOURSEASONSのブレスエアーのマットレスは腰痛に効果的?

fourseasons6

睡眠中の身体にとって最も楽な姿勢とは、直立したのと同じまっすぐな姿勢です。

一見座っている方が身体への負担が軽そうに思いますが、腰への負担は直立して立っている方が少ないのです。

横になっている時も同様です。

寝ている間、まっすぐな姿勢をキープできるのが、疲労回復にもいいのです。

当然、腰への負担も少なくなります。

FOURSEASONSのブレスエアーのマットレスはダブルクッションなので、寝ている間まっすぐな姿勢をキープしやすくなっています。

上層のソフトなブレスエアーが身体のデコボコや重さの違いを受け止めて、やんわりとした寝心地を提供します。

下層のハードなブレスエアーが体重全体をしっかりと支えて、沈み込み過ぎないよう受け止めます。

日中酷使されている腰も、FOURSEASONSのブレスエアーのマットレスの上でしっかりと休息を取れるでしょう。

FOURSEASONSのブレスエアーのマットレスの口コミと評判

fourseasons7

-中芯交換できるのがお得

快適な寝心地をあちこちの寝具メーカーに求めていました。

比較してメリットと感じたのが、ブレスエアーの中芯を交換できる点。

これなら長く使え、損はないと踏みました。

寝心地は別格です。

いいです。

熟睡できてます。

FOURSEASONSのブレスエアーの商品ラインナップ

fourseasons8

-FOURSEASONSS プレミアム

シングル……39,000円
セミダブル……48,000円
ダブル……57,000円

-FOURSEASONS EX Ⅱ

シングル……29,100円
セミダブル……36,100円
ダブル……43,100円
ワイドダブル……49,100円

-FOURSEASONS LITE 敷パッド

シングル……16,500円
セミダブル……20,500円
ダブル……24,000円
ワイドダブル……28,000円

-FOURSEASONS ポータブル

192センチ×57センチ……19,800円

-FOURSEASONS トラックマットレス

192センチ×57センチ……19,800円

専門家が評価するFOURSEASONSのブレスエアーのマットレスと腰痛効果

fourseasons9

-疲労蓄積からくる腰痛

疲労蓄積からくる腰痛持ちの方には、しっかりと押し返してくれる硬めのマットレスがお似合いです。

ワーカホリックともいえるくらい働き過ぎの方は基本的に健康体で基礎体力もありますから、環境さえ整えば腰痛も治って来るでしょう。

-関節や神経のトラブルからくる腰痛

関節や神経が痛む方の場合、湿気が悪さをしているケースがよくみられます。

ジメジメした古い敷き布団や湿気がこもりがちなウレタンフォームマットレスより、通気性が高いブレスエアーのほうが健康にいいでしょう。

-心の不安定さからくる腰痛

気持ちが病んでいる時は繭のようなものに包み込まれてしまいたいことがありますが、このマットレスはハードタイプなので跳ね返す力が強く、期待に添わないかもしれません。

しかし、気持ちが前向きになって上昇傾向にある時はしっかりと後押ししてくれるハードな寝心地が朝起きる時に元気をくれるでしょう。

FOURSEASONS マットレスまとめ

fourseasons10

東洋紡の極上素材ブレスエアーを使った上質のマットレス、FOURSEASONS マットレスのメリットがお分かりいただけたでしょうか。

寝心地、腰への負担、通気性を含むメンテナンスとあらゆる面でメリットが多数あり、マットレスを比較して選ぶユーザーさんが多くいるのもうなずけます。

中芯の入れ替えで寝心地をアレンジできるのも優れものといえるでしょう。

マットレス選びをする際には、有力候補に入れられると思います。

 


kouhanpatsumattress-ranking

SNSでもご購読できます。