ヘルスウェーブのマットレスの口コミと評判

ヘルスウェーブのマットレスの口コミと評判

heaith-wave1

不安から不眠へとつながる現代社会で、安眠できるマットレスを探しているならヘルスウェーブのマットレスを選択肢に入れてみてください。

安眠できるために工夫されているのが、寝返りの打ちやすさです。

なぜ寝返りがそんなに大切なのでしょうか。

どのようにして寝返りしやすい環境を作り出しているのでしょうか。

ヘルスウェーブのマットレスのラインナップと共にご紹介しています。

ヘルスウェーブってどんなマットレス?

heaith-wave2

「安眠できるマットレス」をコンセプトに開発されたのがヘルスウェーブのマットレスです。

時代の要請にこたえるのが開発者の心意気です。

現代社会はますます複雑化しており、絡み合う利害関係や人間関係のもつれは圧迫感をもたらしています。

そのもとで人は不眠に陥り、休息が取れないゆえ体調を崩し、こんなはずではなかったと自信を失い、ますます不眠へと陥る負のスパイラルにはまってしまっているのです。

その悪循環を断ち切る一助として開発されたのが、安眠敷きマットであるヘルスウェーブです。

安眠できると人は短時間の睡眠でもしっかりと回復しリフレッシュできます。

ハイクオリティなマットレスで、ハイクオリティな眠りを取り戻すのがヘルスウェーブなのです。

ヘルスウェーブのマットレスが与える体への影響

heaith-wave3

ヘルスウェーブは両面が使えるリバーシブルタイプのマットレスです。

片面は「涼」という名が付けられています。

その名の通り暑く蒸し蒸しする酷暑でも、涼やかな夜を過ごせます。

表面には高さ2センチのデコボコの山が7つついており、身体がマットレスに密着しないので通気性を確保できます。

もう片面には「暖」というネーミングが付けられ、厳寒の冬にもポカポカ暖かい寝心地を楽しめます。

表面には高さ19ミリのデコボコの山が8つついており、マットレス内部にたっぷりと空気層が用意されているので体温を逃しません。

体温よりほのかに暖かいのですこやかな熟睡に誘われます。

ヘルスウェーブのマットレスは腰痛に効果的?

heaith-wave4

腰痛になりにくいベッドや敷布団を探しているユーザーさんはとても多いのです。

考えてみると、日中に重い荷物を無理して持ち上げたり、休みなく長距離を移動したり、ストレスの多い仕事場で休みなしで働いたりといった過酷な労働環境で腰を痛めるのはうなずけるでしょう。

しかし、休んでいるはずの床の中で腰を痛めるのはどうしてでしょうか。

それは寝具の環境によっては休めていないからなのです。

フカフカの高級な布団でそうなってしまうのは、その柔らかさが災いしているのです。

人間の身体は寝ている間に疲労を回復させて翌日の活動に備えています。

疲労が溜まっている身体中の老廃物は、血管を通って流され体外へ排出されていきます。

隅々の老廃物がしっかりと流れるように、睡眠中には無意識のうちに寝返りを打つのです。

健康な身体ではひと晩に30回や40回といった回数の寝返りを打つといいます。

水筒の内部を水でそそぐ場合に、水を入れた水筒をひっくり返しながら揺するのと同じです。

そうすることで隅々までキレイに掃除ができるのです。

ところが、柔らか過ぎるフカフカの布団に寝てしまうと体がスッポリとはまり込んでしまい、寝返りが打ちにくくなるのです。

heaith-wave5

寝返りとは、身体を縦に回転させることです。

しかし、ピッタリの枠にはまり込んでしまった場合に回転がしにくいように、柔らかいググッと沈み込む布団に寝ると寝返りが打ちにくくなります。

すると寝返り回数が減ったり、寝返りを打つ際に睡眠が浅くなる現象が起きてしまいます。

そうなると睡眠のクオリティは下がってしまい、朝起きた時に疲れが取れません。

ある人は肩が凝ったまま目覚めることになり、ある人は腰の痛みを感じながら起きることになります。

その現象が毎晩続くなら疲労は毎夜ドンドン蓄積してゆき、最後は腰痛が激痛になり起き上がれなくなることもあるでしょう。

そうした現象を少しでも緩和しようと開発されたヘルスウェーブのマットレスは、寝返りしやすい睡眠環境を整えてくれます。

具体的に言うと、硬めのマットレスにすることで寝返りが打ちやすくなるのです。

また、マットレス表面に付いているデコボコの波が身体を刺激してくれ、筋肉をほぐしたり血液循環を促進したりします。

いわば寝返りするたびにマッサージや指圧を受けているのと同じ効果が期待できるのです。

ヘルスウェーブのマットレスが腰痛持ちにお勧めなのはそういう理由があるのです。

ヘルスウェーブのマットレスの口コミと評判

heaith-wave6

前々から夜中に背中や腰のだるさで目が覚め、その後悶々とすることが多い日々が続いていました。

どうにかもっとぐっすり寝たいと思い、ヘルスウェーブのマットレスを購入したんです。

到着して開封したところ、なんだかとっても硬いマットレスで、不安になりました。

でもひと晩寝たらその不安はどっかへ吹っ飛んでしまったんです。

腰がちょうしいいだけでなく、とても暖かいので冷え症の私でも厚着しないで寝ることができるようになりました。

厚着しないんで肩も凝らないし、いいことずくめ。

ヘルスウェーブのデコボコの波が背中をゴリゴリとほぐしてくれるのを感じながら寝入るのが毎晩の楽しみになりました。

気持ちがいいんです。

ヘルスウェーブの商品ラインナップ

heaith-wave7

ヘルスウェーブゴールド

D.C.バージョン
夏に心地よい涼がとれるハードタイプ面と、冬に暖がとれるソフトタイプ面の、リバーシブルタイプの厚み9.5センチのマットレスです。
ジュニア……165,900円
デラックス……191,100円
セミダブル……236,250円
ダブル……262,500円

すややか
夏に心地よい涼がとれるハードタイプ面と、冬に暖がとれるソフトタイプ面の、リバーシブルタイプの厚み9.5センチのマットレスです。
ジュニア……115,500円
デラックス……131,250円
セミダブル……152,250円
ダブル……178,500円

専門家が評価するヘルスウェーブのマットレスと腰痛効果

heaith-wave8

疲労蓄積からくる腰痛

疲労がドンドン蓄積してしまうくらい働き過ぎ気味の元気なユーザーさんに、ぜひヘルスウェーブのマットレスを試してみてほしいと思います。

硬めに設定されたマットレスは、そういった方向けに作られているからです。

もちろん人によって体重も体格も違うため、ピッタリな硬さも人それぞれです。

リバーシブルタイプの両面のどちらが自分に合うか、一週間ずつ試してみるのもいいでしょう。

関節や神経のトラブルからくる腰痛

関節や神経のトラブルから腰痛を抱えている方には、ソフトタイプの柔らかい面で寝ることをお勧めしたいと思います。

ソフトタイプの面は体温を逃がさない保温効果もありますから、神経痛の型に多い冷え症対策にもなるでしょう。

もっとも直置きして硬さが気になるなら、普通の敷き布団の上に載せて使う方法もありますので試してみてください。

心の不安定さからくる腰痛

不眠の時代に多いのが、まさに心の不安定さからくる腰痛です。

不確実な世の中におびえ、自信のなさにおびえ、周囲の心無い態度におびえているとしても、夜くらいは安心してぐっすりと休みたいものです。

いろんなことを忘れて寝入ってしまうくらい気持ちがいいマットレスがあれば、ずっと過ごしやすいでしょう。

ヘルスウェーブのマットレスも選択肢に入れてみてほしいと思います。

ヘルスウェーブのマットレスまとめ

heaith-wave9

まっすぐな寝姿勢をキープでき、寝返りが打ちやすく、寝たままでマッサージや指圧のようなほぐしができるマットレス。

まゆ玉のような安心して寝入ることができるマットレス。

ヘルスウェーブのマットレスなら、そんなハイクオリティな睡眠環境を手に入れられるのです。

成人病の専門家や整体カイロの専門家に認められたその実力を試してみてください。


kouhanpatsumattress-ranking

SNSでもご購読できます。