じぶん敷布団の3つの腰痛効果と口コミと評判

じぶん敷布団の口コミと評判

zibunshikibuton1

世界に一つ、じぶんだけのオーダーメイド敷布団を手に入れられれば、夢のような寝心地を楽しめることでしょう。

それを可能にするのが「じぶん敷布団」のオーダーメイドシステムです。

ショップでしっかりと身体を測定し、243通りもの組み合わせの中から自分にフィットする組み合わせを選んでコーディネートしてもらえます。

じぶん敷布団ってどんなマットレス?

zibunshikibuton2

「立った姿勢で寝る」のがいちばん体にいい。

直立して立った姿勢が、体にとっていちばん楽で負担がかからない姿勢です。

じぶん敷布団のコンセプトはそこにあります。

では、立ったままの姿勢をどのように寝る時に再現し、キープできるのか。

そうするためには、体形や体重に合わせた敷布団を「オーダーメイドする」のが最善です。

じぶん敷布団は「測定→判定→体感→完成」という段階を経て、じぶんだけの世界で一つの敷布団を作ることができます。

1)測定

布団を使うユーザーが寝た時に、体の各部の重さがどれほどなのかを測定します。

上半身が重い人、下半身が重い人と体の各部の重さは人それぞれです。

それを実際に測定します。

2)判定

測定データをもとに6つの体型タイプにカテゴリー分けします。

主に背中のラインの曲線具合からフラットタイプ、丸背タイプ、Sラインタイプ、Wラインタイプ、ヒップタイプ、背出タイプの6タイプに分けられます。

そのデータをもとに、243通りの中からユーザーにフィットしたじぶん敷布団の組み合わせを判定し、5つのパーツにどの素材を使うかが決まります。

素材には大キューブ、中キューブ、小キューブがあり、敷布団の5つのパーツのそれぞれにどのキューブを使うかが決まります。

3)体感

判定結果をもとに5つのパーツを組み合わせ、実際に寝てみて体感してみます。

じぶんまくらとサポートパッドでさらにフィッティング感を向上させ、自身の体型に沿った寝心地を体感できます。

4)完成

側生地は5つ折りタイプとなっていて、5つのパーツがその中に入ります。

パーツを入れたら完成となり、持ち帰ることも可能です。

じぶん敷布団のマットレスが与える体への影響

zibunshikibuton3

自分の体型に合わせた敷布団をオーダーメイドできる商品のため、圧迫感や緊張感が軽減されます。

硬い床に寝てみるとわかりますが、人の身体は凹凸があります。

しかし、人によってその凹凸はそれぞれ違うのです。

歩いている人の後ろ姿を見れば人それぞれのように、寝た時の凹凸も人それぞれなのです。

ヒップアップしている体型の人ならお尻が床に当たりますが、猫背の人なら腰が当たります。

そのため、腰が引けるような姿勢で寝ることになったり、胸をそる姿勢で寝ることになったりして筋肉が緊張を強いられてしまうのです。

また、体の各部の重さも人によってそれぞれ違います。

上半身が発達して重い人もいれば、下半身が強くて重い人もいます。

重さが床にかかるとそれだけ体の表面が圧迫され、血行が悪化してしまいます。

それで、体の凹凸や各部の重さに合わせて設計した敷布団を作ることで、寝ている間の身体の緊張感や圧迫感を減らすことができるのです。

緊張感が減るとリラックスできるので、寝ている間に疲労を回復しやすくなります。

また、圧迫感が減ると血行が良好となり疲労物質が流れて新陳代謝が促進されます。

起きて活動している間に溜まった疲労を回復させるのに、オーダーメイドの敷布団を作るのがいいのはそのためなのです。

じぶん敷布団のマットレスは腰痛に効果的?

zibunshikibuton4

緊張感や圧迫感が減ることで疲労回復がしやすくなるので、腰痛予防になるでしょう。

自分の体型に合ったオーダーメイド敷布団であれば、無理の姿勢をしながら寝て腰を痛めるということも少なくなるはずです。

腰痛で悩んでいる方の場合、硬過ぎず、なおかつ柔らか過ぎない布団を求めてやみません。

しかし、なかなかぴったりフィットした布団やマットレスに出会えないのも事実です。

ならばいっそのこと、オーダーメイドしてしまえ。

というのがじぶん敷布団のコンセプトなのです。

じぶん敷布団のマットレスの口コミと評判

zibunshikibuton5

ソファベッドとは雲泥の差

仕事から帰って疲れがピークだったため、倒れ込むようにソファベッドで泥のように寝た後、身体の各部の痛みで目が覚めた。

ソファベッドに寝て身体中の筋肉が痛むのは当たり前だが、「あぁ、またやってしまった……」という後悔の念。

疲れて化粧を落とさないで寝てしまった時と同じくらいの罪悪感が押し寄せてくる。

寝具の大切さを改めて感じ、評判の良かったじぶん敷布団を購入した。

しっかりと厚みがあるためフローリングの上に直置きして寝てもなんともなかった。

腰痛持ちのため、硬過ぎず柔らか過ぎない布団を求めて神経質なほどだったが、これはいけそう。

じぶん敷布団の商品ラインナップ

zibunshikibuton7

-じぶん敷布団

・Sサイズ 90×970×2000

150,000円(税抜き)

・SDサイズ 90×1200×2000

190,000円(税抜き)

・Dサイズ 90×1400×2000

220,000円(税抜き)

専門家が評価するじぶん敷布団のマットレスと腰痛効果

zibunshikibuton8

-疲労蓄積からくる腰痛

疲労蓄積からくる腰痛でお悩みの方は、睡眠中の疲労回復がうまくいっていないケースが多くみられています。

寝ているのに緊張感がとれない。

血行が悪く疲労物質が流れて行かない。

休暇中に仕事の心配をして疲れてしまうワーカホリックのように、休んでいるのに休めていないのです。

寝ている間に腰の痛みを感じてしまえば、さらに緊張感が高まります。

悪循環にはまり込んでしまうのです。

じぶん敷布団でじぶんの身体にフィットした敷布団になれば、睡眠中に身体をうまく休めさせることができます。

「休めている」という実感が緊張を解き、さらに疲労が回復していくという好循環のサークルに入れれば効果は抜群です。

-関節や神経のトラブルからくる腰痛

関節や神経が病んでいて腰痛がひどくなっているケースでは、安心して身体を横たえられる環境が大事です。

座った姿勢から横になる時や、寝返りを打つ時が痛むからです。

身体の凹凸や重さにフィットしたじぶん敷布団なら、安心して体を預けることができるでしょう。

起きている間に痛みを感じるのは仕方がないのですが、寝ている間くらい痛みを感じないですめば体を休めることができるのです。

-心の不安定さからくる腰痛

心の安らぎを得るには自分の居場所を確認することが大事です。

身体がすっぽりとはまり込むようなフィット感があれば、ゆりかごの中の赤ちゃんのように安心して眠ることができます。

安心して眠れれば身体も回復しますので、腰痛も徐々によくなっていくかもしれません。

じぶん敷布団まとめ

zibunshikibuton9

じぶん敷布団のオーダーメイドシステムなら、これまで味わえなかったようなフィット感、安心して熟睡できる夜を体験できることでしょう。

まずはショップへ出向いて測定するところから始めたいものです。

ほどよい硬さと身体に沿ったフィット感にびっくりするかもしれません。

 


kouhanpatsumattress-ranking

SNSでもご購読できます。